紫外線=日焼けと連想する人は多いと思います。肌への悪い影響があることは広く知られていますが、髪のつやを損なう事になってしまう事はあまり知られていないのではないでしょうか?

髪の中にも頭皮があるので、頭皮が日焼けをしてしまうと生えてくる髪にも影響があるのです。また、紫外線を浴びることでキューティクルが開いてしまうので、少しの刺激で剥がれやすくなってしまいつやをなくす原因になってしまいます。

さらに髪の変色にも繋がります。日本人の黒い髪は紫外線から守ってくれる効果こそ高いのですが、最近は脱色をして色を薄くしてしまっている人が多いです。

昔から日傘やパラソルが当たり前の外国人よりも日本人は日傘をさす人もすくなく、これでは頭皮は日焼けし放題です。

お肌に日焼け止めを塗るのと同じく、頭皮も紫外線から守りヘアクリームなどを塗りましょう。これだけでも大きな効果があります。

一番は頭皮に紫外線を当てないことなのですが、夏場はそれは難しいでしょう。ですから、帽子などを利用するといいのですが、帽子は蒸れてしまうために皮脂の分泌を促します。汗をかいたらしっかりシャンプーをして汚れを落とし、帽子を被っていたから大丈夫と思わず帽子を被ったからしっかり汚れを落とさなくてはと思う必要があります。
お世話になってるサイト>>>>>脂肪燃焼サプリランキング|人気のサプリを徹底比較レビュー

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *